どういう主婦になれば、キャッシング業者に好かれるの?

主婦を長い間しているんですけれども主婦があまりキャッシングやカードローン業者に好かれていないというのはわかりました。当然だと思います、もっとお金を稼いでいる人に何百万円と貸し出しをしたほうが、絶対に得ですし、返ってこない確率も低いのですから。だから主婦では仕方ないかなとちょっとは思っています。

でもキャッシングをするにあたって、主婦の中でもキャッシング業者からすると「この人ならいい」とか「この人のほうが貸したい」と思う違いがあると思うんです。だから出来るだけキャッシング業者が貸したいと思うような主婦になりたい!と思っているんです。どうやったらなれるでしょうか?

キャッシング業者としても収入がある主婦がいい

キャッシング業者の好むような主婦になって、借入をしやすくしたいということですけれども、たしかにこういう話をはっきりと「こういう主婦の方が好かれている」というように説明しているところは少ないでしょう。特に銀行系カードローンは専業主婦ですらも貸出をするのですから、貸したい人もいれば貸したくない人もいます。一つその条件があるとすれば収入があるかどうかも大きいでしょう。

収入があるかというのは簡単にいえば働いているかどうか、パートでもいいので収入があるかどうかを気にしているということです。パートとして働いている主婦と働いていない主婦がいますが、働いている人のほうが圧倒的に銀行系カードローンでも消費者金融でも喜ばれるというわけです。その金額が多い少ないもありますが、当然多い方がいいでしょう。けれども少しでも稼いでいれば好意的に捉えられます。

つまりまずキャッシングをしやすい主婦になるために必要なことというのは、専業主婦として全くの無収入状態から抜け出して、月に3万円や5万円でもいいので稼げるようになることということです。そうすれば銀行系カードローンで借り入れをするときに、申し込みの時に収入を書くことができます。そして家庭全体の収入をアップさせることで、貸出の確率や枠が大きくなるでしょう。

貸出の申し込み審査が通るかどうかは銀行系カードローンがたとえ「主婦でも申込可能です」と書いていたとしても、少し心配になるものです。それならば、少しでもいいのでパートで働いていればだいぶ印象は変わってきます。キャッシング業者も最悪、返済はそのパートを増やしてもらえればと考えるでしょう。

少しでもいいですし、どういう形での労働でもいいのでキャッシングの審査に通りたいならば、主婦のパートというのは重要になってくるかと思います。

主婦だからこそキャッシングを利用すればこれだけ便利になる

主婦といっても、いまの時代はさまざまなライフスタイルですから、一概に決めつけることはできません。夫の収入によって生活する専業主婦。その中でも所得の差によって日々の生活はまるで違います。倹約しながらムダなことはせずに暮らす主婦。またはスクールに通ったりボランティアをしたり、観劇などアクティブに楽しむ人もいるでしょう。

そして多いのはパートなど仕事を持つ主婦です。収入があれば生活にもプラスになりますし、日々やることがたくさんあるので張り合いもあります。

そんな主婦たち。さまざまな収入、さまざまな支出。お子さんがいる、いないでも大きな違いがありますし、お子さんの人数、年齢によっても違ってきます。

さらにお金に強い主婦と関心の低い主婦がいると思います。お金に強い主婦は必ずしもお金持ちとは限りません。また、必ずしもギリギリまで倹約する人でもありません。お金というものの性質をよく知り、お金に振り回されない人生を送っている人。それがお金に強い主婦だと言えます。

お金に振り回されない人生は、お金持ちということだろう、と思われますか? それは違います。お金持ちでもお金に振り回さされてつまらない人生を送っている人はいるのです。これは、賢明さ、そして慎重さ、さらにお金をよく知っていることで差が出ます。

お金に強い主婦は、お金の借り方もよく知っています。ちゃっかりしている、と見られがちでですが、そこはキッチリと冷静に行動しているだけです。ドラマでも、お金にまつわる話は、感情的になりやすく、お金に強い人は冷徹で血も涙もないように描かれることが多いですが、これは完全な誇張。ステレオタイプな描き方です。芝居などのいわば「お約束」なのです。現実は違います。

たとえばキャッシング。主婦でお金を借りることに後ろめたさ、罪悪感をおぼえる人もいると言います。ですが、よく考えてください。便利なツールがそこにあって、なぜそれを利用できないのか。もちろん犯罪ではありません。貸金業や銀行は合法的に設立されており、そこを利用することで問題が起こることはないのです。

キャッシングの最大のよさは、しがらみなしでお金が借りられること。実は親戚や友人から借りるためには、かなりの努力が必要ですし、少しでも借りたら、一生そのことを言われる可能性もあるのですから、慎重にすべきなのです。感情的になりやすいからです。

キャッシングは条件が整えば誰にでもお金を貸してくれるサービスです。そのために金利を払いますが、この金利も、年利で表示されているので高そうに見えるものの、いつでも返済できるのがキャッシングのよさ。つまり素早く返済すれば金利も安くてすむのです。親戚に菓子折りを持っていくより安い場合も多いでしょう。

お金に強い主婦はこうした点をよく理解しています。借りてもがんばってすぐ返済する。それでいて、必要なときにはしっかり借りて、チャンスを逃さない。このやりくりのうまさは、これからの時代の主婦には必須の技術となっていくでしょう。まして、女性の参画が社会にとって重要なポイントになっています。働く主婦も、専業主婦も、お金に強くなれば、より活動範囲も広がることでしょう。

お金を借りてもあとくされなし!

僕は借金が癖になっています。友人や親、兄弟から、ちょっとずつ借りることがたくさんありました。その度に嫌な顔をされるので、申し訳ないという気持ちを抱えていました。でも、なかなかこの性格を変えることができません。

それならカードローンでも使えばいいじゃないかという兄弟からの勧めにしたがって、申し込みをしてみることにしました。するとあっさり審査に通り、キャッシングが利用可能に。

それ以降は、これまでお金を借りていた人たちから借りることがなくなりました。困ったときは、カードローンを利用すればいいのです。カードローンなら一切のあとくされがない!これがとてもありがたい。ストレスの要因がひとつ減り、身近な人との関係は良好。非常に助かっています。

想像より利息少なく借りれてラッキー

ここのところ、次から次へと友達や職場の同僚が結婚して、正直お金がきつくて困ってます。招待されるばかりで、自分はまるで予定が無いのが悲しいですね。さすがにお給料日前に限界を感じ、カードローンに申し込みました。

女子は披露宴が続くと、洋服も同じの着ていけませんから、衣装代もバカにならないんですよね。2次会だって出たいし、相手によっては結婚祝いだって用意しなくちゃですから、とうていいつも通りの収入じゃ無理なんです。

ただカードローンは利息が心配だったんですよね。でも返済シュミレーションしてみたら、思ったより全然少なくて安心したんです。覚悟してたよりも少ない利息で借りれてラッキーでした。

自費出版の夢を叶えた融資の話

昔から文章を書くのが趣味でした。でも、結局普通に就職して、作家の夢は諦めていました。でも、この年になって自費出版と言う手で自分の本が出せる事を知って、それが夢の一つになりました。ネットのそういうサービスのある会社で、特別料金をやっていて、通常よりもかなり安い値段だったので、キャッシングをして以前書いた小説を本にする事に。

今はネットで自分の文章を公開するのは難しくないですよね。でも、本にするって違うんですよね。

締め切り日直前でその特別料金を知ったので、かなり金の工面は慌てました。そんな時でも、即日融資は本当にありがたいです。ネットで申し込んだんですが、本当に簡単に手続きが終わって、それにもびっくりしました。